ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows 10 Mobileの特徴をまとめ!これは買いか?見送りか?

      2016/08/17

Pocket

 

img_cw3_main

 

 

VAIOから、Windows 10 Mobileを搭載したVAIO PHONE BIZ が発売されます。

価格はオンラインストア VAIO STOREでは\54,800とのこと。

3月24日に受注開始で、4月22日から出荷予定。

MVNOのBIGLOBEと楽天モバイル、家電量販店のエディオングループ、上新電機、ビックカメラグループ、PC DEPOT、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの一部店舗でも取り扱いするそうですよ。

 

 

洗練されたデザインが元々の持ち味なVAIOだけに、BIZ もスタイリッシュなアルミボディです。

 

また、背面の VAIOロゴもプリントではなく、レーザーマッチングで立体的な表現を実現。

haimenn

 

 

外観は申し分の無い、BIZ ですが、機能面としてはどうだろうか?

 

スポンサーリンク

 

VAIO PHONE BIZ の主な特徴

文字通りOSは最新OSの「Windows 10 Mobile」が搭載されています。

初代のVAIO Phone はAndroidを搭載していましたが、BIZ はWindows 10 Mobileを搭載することによりPCとの親和性を実現。

 

PCと同じマイクロソフトアカウントで様々な設定やデータを一元管理が可能となります。

 

※マイクロソフトアカウントに関しては、コチラの記事を参照ください。

Windowa8から登場したマイクロソフトアカウントってなに?何が便利なの?

 

 

画面

こちらが、VAIO PHONE BIZ の画面となります。

Windows10の象徴的スタイルでもある、タイルが敷き詰められています。

もちろん、タイルの位置やサイズはカスタマイズ可能。

 

ディスプレイは5.5インチで、解像度は他社の同クラス機種の追随を許さない1080×1920。

CPUは8コアのSnapdragon 617(1.5GHz)を採用。

こちらに関しては、トリニティの「NuAns NEO」も採用している。(2016年2月に発売)

 

これは、Microsoftが、Windows 10 Mobileの目玉機能の一つである 『Continuum』 の対応CPUリストに追加したことが大きいと思われる。

 

 

カメラの画素数は、リアが1300万画素、フロントが500万画素。

昨年秋にリリースされたiPhone6sが、リアが1200万画素、フロントが500万画素なので、それを超えてきた。

スポンサーリンク

           

 

Bizはビジネス用か?個人でも購入可能なのか?

製品名に「Biz」 と付いたものは、法人向け製品の場合が多いが、VAIO PHONE BIZ は個人向けも販売される。

 

では、逆にビジネス用ツールとしてはプアかと言えばそうではない。

Office Mobileがプリインストールされており、出先でもEXCELやWord、PowerPointの閲覧・編集が可能。

 

word

 

また、Office365、OneDrive、Azureにも対応しているため、出先でも事務所のPCと同じように利用できます。

 

実際のビジネススタイルで想像してみると、、、、、

OutLookに届いたメールから、カレンダーにスケジュールを入力し、社用車の予約も完了。

メール添付されていたExcelデータを編集して、OneDriveへ保存。

自社の基幹はAzureプラットフォームで稼動しているため、売上や在庫の確認もオンラインで確認。

 

簡単に、ビジネスで使えることが思い描けてしまう。

 

 

ここまで書くと、個人用としての使い勝手が心配だが、おなじみのアプリも同じ操作で利用できるのでご心配なく。

アプリ

 

 

目玉機能のContinuumは使える代物なのか?

 

Continuum・・簡単にいうと、スマホの画面をPCディスプレイに表示し、あたかもPCのようにキーボードやマウスから操作できるというモノ。

「コンティニアム」と読みます。

 

発表会の会場デモでも、当然出展されていたが思ったよりもサクサクと動作するとの声が多かったもよう。

しかし、無線でやり取りするためのアダプターに相性問題も有るようなので注意が必要。

 

また、全てのアプリが操作できるというわけではなく、これにも対応アプリがあります。

まもなく、さらに増える予定とのコメントをMicrosoftが出しているので、こちらにも期待です。

 

目玉機能とはいえ、実際のライフスタイルの中でどれだけその機能を使うことがあるだろうかと、正直思ったのは内緒です。

 

このような機能というものは、メーカーではなくユーザーが育てていくものと私は考えている。

メーカー側が思いもよらない使い方をユーザーがして、それが事例となりさらなる拡販に繋がるというのを何度も見てきている。

 

少なくとも、私の現状では、乞うご期待!という機能どまりです。

 

 

Windows 10 Mobileの特徴まとめ

さて、ここまでVAIO PHONE BIZ の概略をお話してきましたが、皆さんは「買い」でしょうか?

それとも、「見送り」でしょうか?

 

私は、今の段階では 『買い』 に傾いています。

やはり、自宅や会社のPCと同じインターフェースで一気通貫できるというのは大きな魅力。

 

通信やセキュリティに関しては、あらためて別記事で書くつもりです。

 

その、記事を書いてからもう一度判断してみます。

 

スポンサーリンク

           

 

一緒に読みたいWindows 10 Mobile搭載スマホの徹底解剖シリーズ

・間違いなく、注目が集まるであろうVAIO Phome BIZを解剖。(第1弾)

VAIO Phone Bizのセキュリティや通信のことを深堀り!やはり買いか!?

・コスパの高さが評判良いMADOSMA Q601の解剖(第2弾)

MADOSMA Q601は高コスパのWin10モバイル機!

・デザイン性を重んじる人に使って欲しいNuAns Neoの解剖(第3弾)

NuAns Neoはコスパ高めのおしゃれモバイル機!

・ハイパフォーマンスな端末をお探しの方にHP Elite x3の解剖(第4弾)

HP Elite x3は、もはやスマホじゃなく2ndパソコン!

・激安でデビュー機にあうDiginnos Mobile DG-W10Mの解剖(第5弾)

Diginnos Mobile DG-W10Mはただの激安Win10機?

・前作から生まれ変わった操作性バッチリでイチオシKATANA02の解剖(第6弾)

KATANA02はお買い得感満載の充実Win10モバイル機!

・外見同じでも、中身は別物!MADOSMA Q501Aの解剖(第7弾)

MADOSMA Q501AがWindows10になってオススメ端末に生まれ変った!

・大画面でヌルヌル動く操作感には一目ぼれしそうなEveryPhoneの解剖(第8弾)

EveryPhoneは予想以上のサクサク動作!異色のヤマダWin10機!

・やはり低価格で買えるのが何より嬉しいWPJ40-10の解剖(第9弾)

WPJ40-10をサブ機扱いとはもったいない!頭を使えばメイン機に!

・名機の前作も、やはり名機に近し。KATANA01の解剖(第10弾)

KATANA01はヤバイ!コスパ追求ならオススメのWin10機!

・本家が本気をだせば、こんなスマホになるんですね。Lumia 950の解剖(第11弾)

Lumia 950の超本格派ぶり!日本発売はあるのか?

・逆にここまでのスペックが必要なのか?思えてしまうLumia 950XLの解剖(第12弾)

Lumia 950XLは最強端末!やる気を魅せたマイクロソフト!

・この12回の解剖シリーズで色んなことが分かりました。(最終章)

Windows10 Mobile端末の比較!オススメできる機種は?

 

Pocket

 - Windows10 Mobile