ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows10 無料期間終了後のクリーンインストール手順をカンタン解説(前編)

   

Pocket

さて、前々回記事では、Windows10における アップグレード」 と 「クリーンインストール」 の意味と前準備を。

前回記事では、「アップグレード」 の手順や方法を。

いよいよ、今回は 「クリーンインストール」 の方法を解説します。

 

記事タイトルを 「カンタン解説」 としましたが、完全な初心者の方には少し難しいかもしれません。

 

BIOSやドライバーといった用語すらご存じない方は、クリーンインストール はハードル高い作業になると思います。(苦笑)

 

さて、それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク

 

クリーンインストールを開始する前に用意しておくもの

クリーンインストールとは、データやソフトをハードディスクから消去して、白紙の状態からインストールすることだと、前々回の記事でお話しております。

 

ここでは、データのバックアップはすでに取得済みとして進めますね。

 

そこで用意しておくものとして、ドライバーがあります。

これは、各パソコンメーカーのホームページに公開されております。

ダウンロードして、CD-RWなど別媒体へ保存しておいてください。

 

しかしWindows10をサポートしていない機種などは公開されていない可能性があります。

その場合は、そのPCでWindows10を利用することを諦めたほうがいいかもしれません。

 

起動順位の確認と変更をする

クリーンインストールの実施には、USBメモリーまたはDVDからのブートが必要。

そこで 「BIOS」 を確認し、USBメモリーまたはDVDから起動できるように

設定しておいてください。

 

BIOSへの入り方や設定画面、設定方法は機種やメーカーにより異なりますので

ここでは割愛させていただきます。

スポンサーリンク

           

 

クリーンインストール用のブートメディアを作成

BIOSの項でお話しましたが、クリーンインストールではメディアからのブートとなります。

そのブートメディアを作成する必要があります。

要は 「インストール用のメディア作成」 です。 重く感じることはないですよ。。

 

① まずは、Microsoftの公式ページに行きます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

② 「ツールを今すぐダウンロード」 をクリックし、保存する場所を選択する。0.01

 

③ ダウンロードした 「MediaCreationTool.exe」 をダブルクリック。0.1

 

④ 「実行」 をクリックする。11-5

 

⑤  ライセンス条項を読み、「同意する」 をクリックする。0.2

 

⑥ 「他のPC用にインストールメディアを作る」 を選択し、「次へ」 をクリックする。0.3

 

⑦ 「次へ」 をクリックする。0.4

 

⑧ BIOSの項で起動順位を上位に設定したメディアを選択して、「次へ」 をクリック。

※この記事では、DVDブートさせるためISOファイルを選択しました。0.5

 

⑨ プロダクトキーに関して記載されている箇所を黄色線で示しています。

今回は、Windows10の再インストールのため、キーは不要です。

「DVD書き込み用ドライブを開く」 をクリック。0.6

 

⑩ 専用の書き込みツールが起動します。

光学ドライブにDVDメディアを挿入して、「書き込み」 をクリックします。0.7

 

⑪ 書込みが終了すれば、「完了」 をクリックします。0.8

ブート用のメディアが作成できました。

次からが、クリーンインストールの開始です。

 

この段階なら、Win7/8.1で利用することに思い直すことも可能です。

しかし、これが最後のチャンスです。

しっかりと考えてくださいね。

スポンサーリンク

           

 

Windows10へのクリーンインストール

なるべく分かりやすい解説をしたくて、画像を貼りすぎました(苦笑)

すこしサイトが重くなりましたので、2回に分けますね。

 

この前編では、インストールするときに使うブートメディアを作成しました。

後編では、そのメディアを使って、いよいよクリーンインストールの開始です。

 

★★Windows10 無料期間終了後のクリーンインストール手順をカンタン解説(後編)

 

Pocket

 - Windows10