ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows10 無料期間終了後のアップグレード方法とクリーンインストール方法(準備編)

      2016/10/31

Pocket

色々と世間を騒がせたWindows10のアップグレードも無料期間が終了しました。

私のWindows7のパソコンの右下に鎮座されていた、あの 「田」 マークもいつの間にかいなくなっています。

こうなっては、なんとなく寂しい感じもするのですが・・・

 

さて、無料期間が終了したということは、今後Windows10へアップグレードする場合は費用が発生してしまう!

と、一括りではなく、無料期間中の行動で、今後のアップグレード方法も異なってきます。

それをタイプ別でご紹介します。

 

それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク




 

『アップグレード』 と 『クリーンインストール』 を理解しよう

このキーワードは、Windows10を使おうとする方にとって重要ですよ。

「誰か」 に聞こうとしたり、「どこか」 の掲示板等で質問を書き込もうとしても、これを間違うと相手に伝わりません。

結果、望む回答が返ってこないことになります。

 

Windows10へのアップグレードとは

普段、「アップグレード」 とは、下位のバージョンから上位のバージョンのソフトへ文字通り 「上げる」 こと自体を表現するときに使います。

しかし、こと 「Windows10へのアップグレード」 に関しては、少し異なった意味で利用されることが多いようです。

 

『Windows7やWindows8.1で使っているソフトや、作ったファイルをそのまま利用してWindows10にすること』

 

実際、無料期間中のアップグレードも、次へ次へと指示されるまま進んでいくと、そのままWindows10になっていましたからね。

よって、Windows10に関して 「アップグレード」 と言うと、そのまま色々残してWindows10にすること・・・そう翻訳してください。

こちらの利点は、Winodwos10に対応しているものは、そのまま使えるということですね。

 

Windows10のクリーンインストールとは

これは、上のアップグレードとは逆ですね。

『一回全て削除して、白紙の状態からWindows10をインストールしていくこと』

 

これは、Windows10に限った解釈言葉ではなく、どこででも通用する言葉です。

削除して白紙化することを 「フォーマット」 などと呼びます。

既存環境を極力残す「アップグレード」 は既存環境で発生していた不具合もそのまま引き連れていきます。

よって、こちらの利点は、綺麗な状態からWindows10を利用できることですね。

 

もちろん、この作業前にはファイルのバックアップが必要なのは言うまでもなし。

Windows7や8.1の段階で、必要なことは

① ファイルのバックアップ

② インストールしているソフトを再インストールするためのCDの所在確認。

③ お気に入りや、メール本文、アドレス帳のバックアップ

④ インストールしているソフトの設定情報など

 

必要なファイルがどこにあって、どれをバックアップすれば良いか?・・が分からない方は、バックアップに関して詳しくまとめている記事があります。

そちらを参照ください。

上矢印 Windows10へのアップグレード前にはイメージバックアップを激しくオススメ

スポンサーリンク

           

 

無料期間終了後にWindows10へ上げるためのタイプ分け

ここでは、誤解をさけるために 「アップグレード」 も 「クリーンストール」 も使わず 「上げる」 と書きます。

① 無料期間中に、一度Windows10へ上げて、Windows7/8.1へ戻したパソコン

② 無料期間中に、一度Windows10へ上げずに、今回初めてWindows10へ上げようと考えているパソコン

タイプ別に、やり方を紹介していきます。

 

① 一度Windows10へ上げて、Windows7/8.1へ戻したパソコンを再び上げる方法

実は、私もこのタイプです。

一度、Windows10に上げていると、たとえ無料期間が終了してもいつでもWindows10へ上げられます。

ここで判断いただくのは 「アップグレード」 で上げるか、「クリーンインストール」 で上げるか。

 

いづれにしても、コチラからの作業となります。

そこからの事は後述します。

 

② 初めてWindows10へ上げようと考えているパソコンへの手順

この場合、単純明快です。

Windows10の購入となります。

・・・と、簡単に言いましたがやはりそんなに安くはないんです。 そりゃ、そうですよね。そのために長い間、無料期間を設けていたんですから。

怖いもの見たさで金額を見てみますか?(苦笑) ソフマップとエディオンの楽天市場店での価格です。

 

上が家庭用で、下が企業版。

【送料無料】マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 【KK9N0D18P】

【送料無料】マイクロソフト 【USBメモリ】 Windows 10 Pro 日本語版 (32bit/64bit)

 

で、両方共に楽天です。 もし購入を考え、そしてあなたが15歳~25歳までの学生さんならめちゃくちゃお得です。

それは特典満載の 「楽天学割」 に加入してからの購入。

どうせ買うなら加入してからじゃないとものすごく損。 付くポイントが段違い。

そしてなにより、6ヶ月間の無料お試し中につかえる送料無料クーポンが12枚・・・・これにはずるい!って思っちゃいました(笑) 【学生限定】楽天学割

スポンサーリンク

 

無料期間終了後にWindows10へ上げる方法に関してのまとめ

この記事中に、一度Windows10へ上げて、Windows7/8.1へ戻したパソコンへの設定方法を書き連ねる予定だったのですが、実はここからも色々と手順を踏んでいく必要があります。

 

そこで、「アップグレード」 編と、「クリーンインストール」 編とで分けて図解しながら詳しくお話していきます。

★アップグレード編

Windows10 無料期間終了後のアップグレードのしかたをカンタン解説(実践編)

 

★クリーンインストール編

Windows10 無料期間終了後のクリーンインストール手順をカンタン解説

 

その前に、バックアップだけはきちんと取ってからWindows10を目指しましょうね。

特に、「クリーンインストール」 をお考えの方は絶対ですよ。

 

併せて読みたいWindowsトラブル解決集

コチラには、色々なWindows10のトラブル対処記事を載せています。

どんどん更新していますので、同様の事象があれば、せっかくですからついでに直してお帰りくださいませ。

Win10のトラブルシューティングと使い方・設定のまとめ

 

Pocket

 - Windows10