ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows 10でスタートメニューが開かないときの対処ワザ(システム修復編)

      2016/08/21

Pocket

当初は大丈夫だったにもかかわらず、使っているうちにWindows 10で

スタートメニューが開かないという不具合が起きているようです。

 

コマンドベースの作業のため、少し大変っぽいですが画像付きなのでご安心ください。

 

それでは、早速いってみましょう!

(※7月17日改定しました)

スポンサーリンク

 

スタートメニューが開かない不具合をシステム修復で直す

① まずは 「ctrl」 + 「shift」 + 「esc」 を押します。

② タスクマネージャーが起動します。

③ 「ファイル」 > 「新しいタスクの実行」 をクリックします。 22222

 

④ ”cmd” と入力し、「このタスクに管理者特権を・・」 にチェックを入れて 「OK」 をクリック。 3333

 

⑤ コマンドプロンプトが立ち上がりますので、次からのコマンド入力を進めます。

 

⑥ カーソルが点滅していると思います。 下記のコマンドを入力してEnterキー。

dism /online /cleanup-image /restorehealth

誤入力防止のためコピペをお勧めします。 2

3これが終了するまで、だいたい8分くらいかかりました。
途中で20%の段階で動かなくなりましたので、「止まったかな?」 と思いましたが、待っているといつの間にか終わっていました。

 

⑦ 完了すると、下の画面になります。 4

 

⑧ 次は、このコマンドを入力してEnterキー

sfc /scannow

こちらは、先ほどのコマンドよりも時間がかかりますが、「○○%が完了しました」 と表示されるので安心です。 約15分かかりました。6このパソコンは異常無しのため、このような表示ですが、破損ファイル等があれば、それを修復した旨のコメントがでます。

 

⑨ 続いて、下のコマンドを入力してEnterキー。 約2分でした。

 powershell 5

 

⑩ 最後の行に、「PS C:・・」と表示されれば、下のコマンドを入力してEnterキー

※これは、さすがにコピペされることお勧めします。

Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like “*SystemApps*”} | Foreach

{Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”

} 7

 

⑪ 画面上でオーバーラップした表示が粛々と進んでいきます。 約2分でした。 8

 

⑫ 終了すると、⑩の画面で止まります。

 

⑬ 最後に 「exit」 を入力してEnterキー。 これを2回繰り返してコマンドプロンプトを閉じます。9そして、再起動

スポンサーリンク

           

 

システム修復でスタートメニューが開かない不具合を直すときのまとめ

お疲れ様です。

いかがだったでしょうか?

このシステム修復する手法にて、破損したファイルが修復されて、スタートメニューが開くことが多いです。

 

ダメなら、次に紹介する方法で作業をしてみてください。

次は、全く違うアプローチから、直していく手法です。

Windows 10でスタートメニューが開かないときの対処法(その2)

Windows10のスタートメニューが出ない症状への修復処置(その3)

 

一緒に読みたいWindowsトラブル解決集

コチラには、アクセスの多いトラブル対処記事ランキングを載せています。

同様の事例があれば、ついでに直してお帰りください。

Win10のトラブルシューティングと設定

スポンサーリンク

           

 

Pocket

 - トラブルシューテイング