ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows更新プログラム確認が終わらない!2016年7月版

      2016/10/31

Pocket

今月のWindows Updateは特に大きな問題は無かったようですが

それでもやはり、「更新の確認」 には非常に時間がかかっているWindows7が

多いようです。

 

実際、私もそうでした。

 

少し実験をしましたので、その様子も含めてご紹介します。

 

それでは行ってみましょう!

 

【後日追記の参考記事】

※8月におけるWindowsアップデート不具合に関してはコチラ

更新プログラムの確認がKB3177725原因でまた終わらない!2016年8月版

 

※9月におけるWindowsアップデート不具合に関してはコチラ

KB3189866が止まる!Windowsアップデートが終わらない不具合【2016年9月版】

スポンサーリンク

 

私のパソコンにおけるWindows Update更新の確認

今回のように実験(検証?)を行う場面があるため、私のパソコンでは

自動更新の設定にしておりません。

 

更新を行う際は、不具合が怖いため必ず手動で復元ポイントを作成してから

実施するようにしています。

 

そこで、手動にて更新の確認をしたところ40分が経過しても

確認終了しませんでした。

 

そこで、ネット等で調査していると悪さをしている更新プログラムが

あることが発覚。

 

Windows更新プログラムの確認が終わらないときの対処法

対処法その1

前述した 「悪さしている」 更新プログラムは、”KB3168965” とのこと。

そこで、”KB3168965” のみ手動で先にインストールしてみることに。

※手動での単独ダウンロードリンク:KB3168965

 

この ”KB3168965” を単独インストールしてからあらためて更新の確認を

してみたところ、5分程度で完了しました。

 

この更新プログラム ”KB3168965” は、Windows7だけではなく

Windows8.1やVista、サーバーOSにも対象プログラムが存在します。

 

32bit版と64bit版でダウンロードファイルが違うので注意してくださいね。

手動インストールする時は、自身のパソコンが32bitか64bitなのかを

確認してから選択してください。

 

例)

32bitのWindows7マシン:Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3168965)

64bitのWindows7マシン:Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3168965)

 

対処法その2

基本的には、その1で記載している ”KB3168965” の個別インストールで

今月配布分の更新確認が終わらない問題は、解決すると思います。

 

しかし、それでも終わらない場合は ”KB3170106” も個別インストールして下さい。

こちらは、IE11の累積的なセキュリティ更新プログラムです。

※手動での単独ダウンロードリンク:KB3170106

 

こちらにも32bit版と64bit版でダウンロードファイルが別にあるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

           

 

手動での更新プログラム個別インストールに関して

もしかすると、上で紹介した2つの個別インストールも遅くて上手くいかないかもしれません。

 

それは、最初に実施した 「更新プログラムの確認」 がバックでまだ動いている可能性が。

 

そのときは、そのバックで動いている 「更新プログラムの確認」 を

手動で止めましょう。

 

① スタートボタン > すべてのプログラム >アクセサリ > コマンドプロンプト

これを右クリックして 「管理者として実行」 で起動させます。

 

② そこに、「net stop wuauserv」 を入力してEnter。

③ 「Windows Updateサービスは正常に停止されました」 と表示。

※コマンドを実行するタイミングによっては正常に停止できない場合もあります。

画像は、失敗した時のものです。

 

その場合は、もう一度同じコマンドを入力して実行を繰り返せば大丈夫です。

※矢印キーの「↑」を押せば、同じコマンド入力が楽ですよ。

 

④ サービスが正常に停止されたのち、個別プログラムをインストールしてください。

 

 

Windows Updateに関してのまとめ

現在、世間ではランサムウェアが猛威を振るっています。

感染を防ぐため、Windows Updateは必要最低限の自衛行為かもしれません。

 

Windows Updateの不具合を嫌がって、ランサムに感染すると本末転倒。

自分自身のマシンは、自分で守るしかありませんからね。

 

Windows Updateだけでなく、「Adobe Reader」 や 「Java」 の脆弱性が

ランサムに突かれる可能性がありますので、そちらのアップデートもお忘れなく。

 

また、ランサムウェアへの事前対策と、感染時のファイル復旧に関しては

別記事でお話していますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

併せて読みたいWindowsトラブル解決集

コチラには、アクセスの多いトラブル対処記事ランキングを載せています。

同様の事例があれば、ついでに直してお帰りください。

Win10のトラブルシューティングと設定

スポンサーリンク

Pocket

 - トラブルシューテイング