ICT情報配信部

WindowsとスマホなどICT情報をお届けするサイト

Windows10アップデートの注意点!上げる前にやっておくこと!

      2016/08/17

Pocket

10

 

Windows10が正式にリリースされ、結構な月日が経っています。

この記事を読んでいる方の中には、Windows7からバージョンアップしてWindows10を使っているという人もいるのではないでしょうか。

 

ところが、Windows10には、Windows7とは大きく異なる点が多数見受けられます。

誤ってバージョンアップしたものの元に戻せずにWindows10をそのまま使い続けているという人もいるはず。

 

そこで今回は、Windows10について改めて注意点をまとめてみました。

これからWindows10にするという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

DVDの再生はできません

Windows8.1以前はできていたDVDの再生ですが、Windows10になってからは標準としての機能がなくなりました。

 

Windows10のPCでDVD再生を行うのであれば、「Windows DVDプレイヤー」をストアからダウンロードすれば再生ができるようになります。

スタートメニュー
しかし、ユーザーの中には「Windows DVDプレイヤー」をインストールしても再生できないというケースも報告されています。

 

ちなみに、Windows8.1以前からのバージョンアップであれば無償で利用できますが、クリーンインストールした場合は1500円の有償利用。

Windows10 しかなく、どうしてもDVD再生をPCで行いたい場合にはフリーソフトの活用を視野に入れてもいいかもしれません。
image_35b9c6b2-a723-4577-8a01-67a1fcd93b6a

リンク:Windows DVD プレーヤー アプリの入手(Microsoft)

スポンサーリンク

                    

 

サードパーティ製のドライバーが対応していないケースも

Windows10が世の中に登場してまだ半年ということもあり、プリンターなどの周辺機器の中にはWindows10に対応できていないソフトも残っています。

 

特に、使用頻度が高いものの、メーカー製の独自機能であるがゆえに使えないということもあります。

 

アップデートする前に事前の準備として、メーカー製の独自機能を多用していないか確認し、Windows10にも対応しているかもあわせて確認しておきましょう。

 

全体的には発売当初よりも落ち着いてきたWindows10。

現状としては、上記のような注意点を考慮しておく必要があるものの、そのほかに大きな不具合は報告されていません。

 

 

Windows7に戻せるのは30日間だけ

これまで使用していたプリンターやインストールされているソフトが対応していない場合は、Windows7に戻す必要があります。

 

Windows7に戻す方法は、Windowsに標準機能として搭載されている「復元」を使います。

アップグレード後に出てくる「Windows.old」というフォルダ内にデータが入っており、このデータを基にWindows7へと復元ができる仕組み。

 

しかし、この「復元」は30日前までしか戻ることができません。

その上、最低限4GBの保存領域を確保しておく必要もあります。

ただし、4GBはシステムの必須条件なので、これを下回ると動かなくなってしまうケースもありえます。

10GBの保存領域は確保しておきましょう。

 

 

Windows10にアップグレードする際に知っとかないと大変なこと

2016年7月までは、無償でWindows10へアップグレードが可能。

それまでにアップグレードしていれば、それ以降のバージョンアップも無料で自動的にアップデートしてくれる。

・・・そこで大きな疑問が。

 

無償期間にアップグレードしていたが2年後にHDDが故障した場合。

しかし、Windows10への無償アップグレード期間は終わっています。

このとき、Windows10にリカバリーする際は有償なのか?無償なのか?

続きはコチラ

Windows10の無償期間が終了した後、故障時のリカバリーは有償?

 

 

Windows10アップグレード前にやっておくことのまとめ

マイクロソフトのWindows7サポートも2020年に終了します。

つまり5年を切っておりますので、5年リースでPCを購入する企業の方は次のOSはWin10も視野に入れられることでしょう。

 

とはいえ、アップデート前には慎重に準備を行って万全を期して最新のバージョンを入手しましょう。

 

 

あわせて読みたいWindowsトラブル対処法

コチラには、Windows10のトラブルシューティングと使い方をまとめています。

不具合はこの際、直してお帰りくださいませ。

Win10のトラブルシューティングと使い方・設定のまとめ

スポンサーリンク

                  

 

Pocket

 - Windows10